産後 抜け毛

産後の抜け毛対策を考える前の<重要なポイント>

待ちに待った赤ちゃんを出産後、抜け毛に悩まされるママさんが多いんです。
決してあなただけのことではありませんよ。

 

その原因や対策を説明する前に大切なことがあります。

 

 

体調の問題で100%粉ミルクという方もいるかもしれませんが、赤ちゃんがいるのですから授乳はしますよね?

 

そのため、育毛サプリメントや、効果の高いミノキシジルやプロペシアの服用には気を付けなければいけません。授乳にどのような影響があるのか分かりませんからね。

 

育毛サプリメントの影響は低いと思いますが、それでも用心をした方が良いですよね。

 

一方、ミノキシジルは副作用の関係で心臓病の方は使用できません。
プロペシア(成分名:フィナステリド)に関しては、妊婦さんの服用を禁じているんですよ。

 

ミノキシジルもプロペシアも育毛効果が高い成分ですが、授乳のことを考えれるを控えた方が賢明ですね。

 

 

 

このようなことを考えると育毛剤を使用することがベストな選択なんです。

 

「でも育毛剤って効果あるの?」

 

と疑問に思う方もいるかもしれません。

 

また「育毛剤は授乳に影響しないの?」

 

と不安に感じる方もいるかもしれませんね。

産後の抜け毛対策に育毛剤は最適なのか?

まず、産後の抜け毛に育毛剤は効果があるのか?

 

最近では、産後の抜け毛に関する研究も進んできて、その原因も解明されているんですよ。主にホルモンバランスの崩れが原因なんですよ。

 

原因が分かれば対処方法もあるということですね。

 

産後の抜け毛対応の育毛剤があるんです。

 

 

では、授乳には影響しないのか?

 

もちろん、不安に感じる授乳にも影響のでない無添加の育毛剤です。
内服薬とは違い外用薬である育毛剤は、初めから授乳に影響することはほとんどないと言われていますが、不安に感じるママさんもいますからね。

 

無添加の育毛剤にすることで、その不安を取り除いています。

 

産後の抜け毛にお薦めの育毛剤を紹介しまうね。

産後のストレスも抜け毛の原因?

 

抜毛の原因には様々ありますが、その中でもストレスというのも原因の中でも上位を占めるようです。

 

そもそもなぜ産後に抜毛が生じるのでしょうか?

 

理由はホルモンバランスの乱れが原因と考えられています。
妊娠中と出産後での母体内のホルモン環境は大きくことなることは誰しも想像できることだと思います。
そしてこのホルモンバランスが正常に戻るまでに、なんと半年から1年近くも要すると言われています。

 

それでは、抜毛の原因の上位のストレスとどう関係があるのかと言うと、ストレスによって、ホルモンバランスの乱れが助長されてしまうのです。つまり、正常になる期間を延ばしたり、さらに抜毛を悪化させてしまうのです。

 

ストレスはホルモンバランスを乱すだけでなく、交感神経を活性化させることによって頭皮の血流を阻害するのです。
このために毛根が栄養不足となり、抜毛が進行するようです。

 

産後の抜毛は多くの女性が経験することのようですが、不安な場合には産後の抜け毛専用の育毛剤を使用することをオススメします。

 

骨盤が歪むと抜け毛になる?

 

無事に出産を終えて、産後の生活を送っていると多くの女性に起こるのが抜け毛なのです。
そして原因の多くは産後のホルモンバランスの乱れにあると言われています。
そしてそのホルモンバランスの乱れを助長する要因が様々あります。
その一つと言われているのが、骨盤の歪みなのです。

 

出産というのは体に大きな変化をきたしますが、その中でも骨盤の形状は大きく変化します。
つまり、出産に伴って骨盤は広がっていくのです。
産後には元の骨盤に戻ろうとしますが、その際に歪んだまま固定してしまうことがあるようなのです。

 

では骨盤が歪むことと、ホルモンバランスの乱れとはどう関係があるのでしょうか?
実は骨盤が歪むことによって、子宮が圧迫され、そのことで卵巣を栄養している血流の流れが悪くなるのです。
これによって、卵巣の機能が低下して、遂には卵巣からのエストロゲンが減少してしまい、さらにホルモンバランスを乱すことになるのです。

 

エストロゲンは毛髪の発達に関係していることから、やはり産後の抜け毛にも関与してくるのです。